印鑑で出来ることは

当サイトではまず印鑑で出来ることについてご紹介し、次に役職員や基本となる種類を説明します。 印鑑を作ることで市区町村での登録・新規口座開設・会社設立といった様々なことが出来るようになりますから、これらを専門店で作ってもらうことは基本となりました。 その他にも会社を運営する際に欠かせない契約書を作る際にも使われますし、銀行と取引することも可能となる為、人によっては様々な種類の印鑑を所有しているのです。

専門店で印鑑を作ってもらった際には法的効力を持てるよう登録をしなくてはいけません。 印鑑登録を始めたい時は登録する為のハンコ・本人確認書類・登録費用といったもの全てを用意し、それらを持って市区町村役場の窓付けに行く必要があります。 次に備え付けられている申請書に必要事項を全て記入し、それを提出します。 事情でどうしても独力で手続きを済ませられない時は委任状を使うことで代理人に手続きを任せることが出来るので、仕事で忙しい方であっても印鑑登録が可能です。

無事手続きが終了した後は印鑑登録書・手数料・本人確認書類を渡すことで印鑑登録証明書が手に入ります。 同一市区町村外へ引越しする際には登録が全て廃止されますから、その際は登録書を返還して廃棄しましょう。 後は転居先にある役場に通って同じ手順で手続きを済ませることで登録を済ませられますので、いつでも通えるよう住所を確認するのが良いです。 市区町村役場では印鑑登録証亡失届を出すことで無くした際でも対応してくれますから、こうしたことも出来るよう準備することは大切です。

■印鑑関連サイト
13時までに注文すれば即日出荷可能なサービスを行っている印鑑の通販サイトです >>> 印鑑 即日出荷

 

Copyright © 2014 印鑑でできる事 All Rights Reserved.